TR blog

会社員。有休使いすぎでよく怒られてます。旅行が好きで、色んなところで美味しいもの食べたり、ドローン飛ばしたり。ブログを通じて色々と情報交換できればと。

台湾のリゾート「小琉球(琉球郷)」に行ってきました 2018/09

台湾南部のリゾートアイランドである「小琉球琉球郷)」に2018年の秋に行ってきましたので、その時のレポート。予想していたリゾートとはちょいと違いましたが、ご飯もおいしく、アットホームな雰囲気、そしてドローン映えする景色で色々と楽しめました。

目次


小琉球について

小琉球は台湾の南部高雄の東にある島です。石垣島の近くにある竹富島より少し大きいぐらいの広さ。正式名称は「琉球郷(りゅうきゅうきょう)」とのこと。


台湾の方々にとってはメジャーな観光地のようですが、日本にはあまり情報がありませんでした。

小琉球に行こうと思ったきっかけは、よく読ませていただいており、またブログ執筆の際にも色々と参考にさせていただいているトバログさんのエントリ。 tobalog.com tobalog.com

綺麗な海も緑もたくさんあり、普段行く台北とはまた雰囲気が違って、すごいのんびりできそうだと感じました。それに高雄まで行く用事もあったので、少し足を延ばして小琉球に。

小琉球への行き方

高雄からバスで東港まで行き、そこからフェリーで小琉球へ向かいます。 ※2018/09時点

アクセス
高雄
↓(バス:約1時間)
東港碼頭(バス停)
↓(徒歩:10分)
東港
↓(フェリー:約30分)
小琉球

高雄~東港のバス

高雄駅近くに東港行きのバス乗り場「高雄客運高雄站」があります。


こちらの9127便に乗っていきました。

バスの中はこんな感じです。よく遠足で乗っていたようなバス。広くもなく、狭くもなく。

各バス停到着時のアナウンスが中国語&英語であったため、Google Mapsとにらめっこしながら東港碼頭のバス停で降りました。東港まではバス停から歩いて10分ほどです。市場のようなところを通り抜けて向かいました。

ちなみに帰りは港で声掛けしてきた乗り合いタクシーで左営高雄駅(高雄の新幹線駅)まで。200元(約700-800円)でした。

東港~小琉球のフェリー

東港付近は海産物、特にマグロが有名らしく、場内市場みたいなところで刺身も食べられます。

台湾の醤油は甘いので、マグロの刺身を食べる場合は日本の醤油わさびを持っていった方がよいと思います。私は暑くて刺し身な気分ではなかったため、イカのすり身を揚げたモチモチしたものを食べました。モノを選ぶと目の前で揚げてくれるスタイル。イカの甘さが感じられ、とてもおいしかったです。

軽く食事をし終わったあと、チケット売り場に向かったのですが、土曜日だったこともあり、港周辺は大混雑。「こりゃ結構並ぶかな」と思っていたのですが、並んでいたのは青い券売所。もう片方の黄色い券売所(泰富航運)はそこまで並んでおらず、スルスルとチケットを買うことができました。どちらも同じ民営の小琉球行きなのですが、なぜ並んでいる人数に違いがあるのかはわかりませんでした。

ちなみにパスポートがないとフェリーのチケットは買えませんのでご注意を。往復で410元(約1,500円)でした。

島内

そんなこんなで小琉球に着きました。フェリーにも島内にも日本人はおらず。台湾以外の外国の方もほとんど見かけませんでした。本当に台湾の方がバケーション、レジャーに来るような場所なのだと思います。なのでとても新鮮でした。

宿泊した場所

Airbnbでこちらのお部屋に泊まらせていただきました。 www.airbnb.jp

台湾最南端の島なだけあって、かなり暑かったのですが、この部屋は冷房完備バス・トイレ付きでとても心地よく過ごせました。
またホストの方々がとても良い人たちで、雨が降ったらレインコートを貸してくださったり、夜食としてお菓子・フルーツをくださったりと、アットホームな感じに受け入れてくださいました。Airbnbはこういう人ととの触れ合いもよいですよねぇ。

綺麗な海

海はとてもキレイでした!が、砂浜ではなく岩場のビーチなので「海水浴」とはまた違うかなと。泳いでる方もおりましたが。


おいしい食事

島に着いてからの昼食、そのあとの夕食はこちらの「阿莉鶏肉飯」でお持ち帰り。


鴨肉切盤」「鶏肉飯」「炒飯」を食べたのですが、どれも本当に美味しかったです。とくに炒飯は今まで台湾で食べた炒飯の中で一番美味しかったかも。

朝ご飯はこちらの「洪媽媽早餐店」で買い出し。ザ・台湾の朝ご飯というような感じの品揃えで、近くの宿泊客で大混雑でした。


ドローンでの空撮

人もそこまで多くないので、思う存分ドローンを飛ばすことができました。お供はDJI MAVIC AIR。海もキレイでしたし、本当にドローン映えする島でした。



以上になります。行くのは大変でしたが、古き良き台湾という感じで、小琉球はとても良い場所でした。今回は1泊のみで多少バタバタしておりましたので、次回は2泊以上してのんびり過ごしたいなと思います。

諸々、参考になればと。