TR blog

会社員。有休使いすぎでよく怒られてます。旅行が好きで、色んなところで美味しいもの食べたり、ドローン飛ばしたり。ブログを通じて色々と情報交換できればと。

通信・決済・移動・会話・宿泊 この5点をおさえるだけで台湾旅行がとんでもなく快適になります

3日続けての台湾シリーズ。今年度5回も台湾に行っているのだから、書きたいことは山ほどあります。今回は台湾旅行を、より快適にするための5つのポイント「通信」「決済」「移動」「会話」「宿泊」をお伝えします。

(台湾関連記事)
www.trblog.tokyo www.trblog.tokyo

目次


通信:日本のAmazonで台湾プリペイドSIMを買っていく

最近はイモトのWi-Fi等の海外Wi-Fiルーターのレンタルサービスも増えております。自分も使ったことあるのですが、Wi-Fiルーターってどうも面倒くさいんですよねぇ。荷物も増えるし、いちいち接続しないといけないし、いつの間にか電池切れてたりするし、それに地味に値段も高いし。

なので自分は台湾に行く際には、いつもこちらの台湾プリペイドSIMを日本のAmazonで買っていってます。


台湾に着いてSIMを差し替えるだけでそのまま使えます(正確にいうと自分は飛行機の中で差し替えちゃってます)。自分のiPhoneも友人のAndroidも設定変更せずに本当に「差し替えるだけ」で使えました。もちろん設定変更用の日本語説明書も同梱されております。

通信速度は普通に速いです。日本で今使っているdocomoと同じぐらいの速度。テザリングも問題なくできるので、タブレットやPCで使いたい場合には、iPhoneがルーター代わりにもなります。
(iPhoneの場合、設定→モバイル通信→通信のオプション→データローミングを「on」にしないと、台湾で4Gが入らないようです)

そしてびっくりするのが、この台湾プリペイドSIMの値段。値段は多少変動しますが、だいたい700~800円です。この金額で5日間容量無制限で通信ができます。データ通信専用SIMなので通話は出来ないのですが、そこは割り切ってます。

自分はAppleStoreで購入した、最初からSIMフリーのiPhone8を使っておりますが、docomo等のキャリアのiPhoneでも6s以降のものであれば簡単にSIMロック解除が出来ます。そうするとこの台湾プリペイドSIMも使えるようになります。SIMロック解除についてはこちらが分かりやすかったです。 appllio.com

最後に注意点がひとつ。こちらの台湾プリペイドSIMは、SIMを抜き差しする用の「ピン」が付属していないので、そちらは忘れずに持っていってください(自分はパスポートケースに常に入れてあります)。

決済:悠遊卡を台湾に着いたらすぐに購入&チャージする

悠遊卡(ヨウヨウカー)は台湾版のSuicaです。空港内で購入・チャージすることができますので、台湾に着いたらすぐに手に入れることをお勧めします。空港で売ってます。

桃園国際空港から台北市内へのMRT、台北市内のMRT、一部タクシーといった交通機関で使えるのはもちろんのこと、日本と同じようにだいたいのコンビニや薬局で使えます。
コンビニで使えるのは大きいですよねぇ、水を買ったり、ビールを買ったりと台湾にいる間は毎日行きますもん。一方で普通の飲食店とかでは悠遊カードが使えないところが多いです。

自分は毎回1,000台湾ドル(約3,500円)ぐらいのチャージをして、行き帰りの空港へのMRT、市内MRT、旅行中の生活雑貨(水・ビール等)で使い切るぐらいの感じでしょうか。

ちなみに換金は、自分は「コンビニATMでクレジットカードのキャッシング」が一番お得で便利だと思っております。方法についてはトバログさんがうまくまとめてくださってます。 tobalog.com

移動:Uberを使う

日本ではただのハイヤー配送サービスなだけのUberですが、台湾ではアメリカと同じようにライドシェアサービスとして普通に使えます。Uberについてはこちらをご参考に www.travel.co.jp

台湾のタクシーの運転手の方は英語が喋れない方が多く、またGoogle Mapsの住所表記も国際標準の書き方なので、目的地を伝えるのも一苦労。 でもUberを使えばアプリ上で目的地を指定できるので移動が本当に楽になります。値段も普通のタクシーと同じか、少し安いぐらい。あと双方評価のシステムなので車内も普通のタクシーに比べてとても綺麗です。そして運が良ければ、BMWやベンツ、レクサスといった高級車が配車されることも。

日本で設定していけば、そのまま台湾でも使えます。いきなり海外で使うのはリスキーなので日本で1回ぐらいは使っておいた方がいいかもしれません。乗車までの仕組みは日本もアメリカも台湾もほとんど同じですので。

あ、台南はUberのサービス提供エリア外でしたのでご注意を。台北、台中、高雄では普通に使えました。

日本でもにライドシェアサービスとしてのUberが使えるようになればいいのにと、台湾に行ってUberに乗るたびにいつも思います(Uber Eatsは日本でもめちゃくちゃ便利に使わせてもらっております)。

こちらの招待コード【p9m97】を使えば初回乗車が無料になりますので、ぜひ使ってみてください(優待額は国・都市によってことなるようです)。

会話:Google翻訳の会話モードを使う

新光三越やBreeze等にある比較的高級なお店の店員さんやホテルのスタッフ、そしてHOOTERSのお姉さん(笑)は英語が通じますが、街中にある普通の飲食店では英語が伝わらないことも多いです。

一応、自分自身、学生時代に第2外国語で中国語を取っていたので、「トイレ=厕所(ツーソー)」「ビール=啤酒(ピージウ)」「1、2、3…=イー、アー、サン…」ぐらいはわかりますが、それら以外はまったくわかりません。

なので会話で困った時にはGoogle翻訳の会話モードを使っております。

台湾プリペイドSIMを入れたスマホでGoogle翻訳を立ち上げ、マイクボタンを押して話しかけるだけで、瞬時に台湾語の文字と音声に翻訳してくれます。精度もものすごく高い。しかも交互に話して、まるで翻訳者をはさんでいるかのように会話することも出来ます。

Google翻訳の詳しい使い方はこちらを参考に。 appllio.com

宿泊:台北の東京国際飯店に泊まる

www.tokyohotel.com.tw 台北にある東京国際飯店さんも台湾旅行の強い味方になってくれます。 場所もなかなかよいところ。林森公園の近くです。


部屋はこんな感じ。広さは普通ぐらいですが、とても綺麗です。

スタッフさんは皆さん台湾の方ですが、ほぼ全員日本語が話せます。ホテル名に「東京」と名付けるだけあります。そして、みなさん日本が好きだからなのか、とても親身に接してくださいます。気さくな世間話はもちろんのこと、レストランの予約もお願いすればしてくださいますし、旅行のプランニングの相談にも乗ってくれます。

自分たちが台中にある「レインボービレッジ」に行く相談をした際には、行き方を教えてくださっただけでなく、「台中には宮原眼科という面白いところもあるから是非行ってみて」といったように、プラスアルファで提案を行ってくれたりもしました。レインボービレッジはもちろんのこと宮原眼科も素晴らしいところで、東京国際飯店さんのおかげでとても良い旅行になりました

ちなみに台中のレインボービレッジと、

宮原眼科

台湾のことを知りつくした日本語を話せる方が常に近くにいるのはとても心強いですよ。 東京国際飯店さん、台北に行った際にはぜひ使ってみてください。

以上です。上記の5つさえおさえておけば、本当に台湾での旅行が快適になると思います!

諸々、参考になればと。